記事一覧

どんな動きも自由自在!常識をくつがえすハイブリッドなデニム

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

クラシックとストリートを融合したような、激しい動きのダンスを魅せるダンサーたち。身体の可動域の限界に挑むその動きだけでも目を奪われてしまうけれど、よく見ると彼らが履いているのは、なんとデニム! 今までのデニムに対する観念をひっくりかえしてしまうこちらの動画は、DIESEL(ディーゼル)が展開しているプロジェクト#DIESELREBOOTの一環として、アーティステイック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティがJogg Jeans(ジョグ・ジーンズ)の動きやすさ、着心地、スタイルにフォーカスして手掛けた作品。

Jogg Jeansがなぜこんなに伸縮性があるのかというと、それは織りと編みを組み合わせた生地にヒミツが。まるでジャージー素材のように360°のストレッチがあり、表はデニムのように見えて、裏面はスウェットのようなテクスチャーという仕上がり。耐久性や形をキープする力にも優れ、軽さ、柔らかさ、心地よさなどのフィット感もパーフェクト。もちろんサイドステッチやコインポケット、ユーズド感など、デニムになくてはならないデザインもしっかりキープ。今まで、デニムってなんだか窮屈……と感じていた人も、デニム新時代の到来を感じてしまうような自由な履き心地。

また、10月1日~8日の期間中、新宿伊勢丹本館1階=ザ・ステージに#DIESELREBOOT POPUP STOREが世界に先駆けて期間限定でオープン!Jogg Jeansはもちろん、2013AWコレクションの中から厳選されたアイテムにスタッズをほどこした伊勢丹限定アイテムも登場したりと、スペシャルな内容なのでぜひチェックしてみて。

15分単位で時刻が分かる超シンプルな腕時計「Order」

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpg

コンセプトが斬新すぎる超シンプルな腕時計!

時計なのに、時刻はおおまかで構わない!? 「Order」は、我々一般人の発想を大きく上回る設計の製品です。「こんな発想もあったのか!」と思わずにはいられません。まずは、Orderの特徴的な文字盤をご覧ください。

点が縦に並んでいます。全12パターン、1個から12個までの縦列の点が円盤に配置されています。そして、文字盤の縁には5つの溝。この溝は00分、15分、30分と、15分単位の時刻を表します。

たとえば3個縦列の点が2つ目の溝に差しかかっていたら、現在時はおおよそ3時15分。8個縦列の点が4つ目の溝を差していたら、おおよそ8時45分です。

「おおよそ」というのは、このOrderが15分毎の時刻しか表示できないため。1分刻みでの時刻はOrderでは分かりません。「それって手抜きじゃないか!」

そう言われてしまいそうですが、Orderはスイス製ムーブメントを採用しています。決して手抜きの製品ではなく、むしろ品質においてはハイクオリティーを保っていると言えます。

Orderは、15分単位の時刻が分かればそれでいいというシンプルなモノ好きの方に向けた製品と表現すべきでしょう。徹底的にシンプルさを追求した結果、15分以下の表示を切り捨てるという結論にOrderは達しました。「おおよそ」を追求すると、そこにはシンプル・イズ・ザ・ベストの発想が見えてきます。

「余計なものは必要ない」とするシンプル主義の方に寄り添った腕時計が、世界中で評判を呼んでいます。

Orderはクラウドファンディング「Kickstarter」で、1099香港ドル(約1万5500円)からの出資枠を設けています。財布や家具、そして腕時計。最近は驚くほどに機能をそぎ落としたシンプルなデザインの製品が増えています。「15分刻みで構わない」というOrderは、今後日本でも普及する可能性があるのではないでしょうか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ