記事一覧

ジュンがジェンダーレスレーベル開始 イメージモデルに古川優香

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

ジュンがジェンダーレスレーベル「アイコン(ICON)」を3月5日にスタートさせた。近年のトレンドに浮上しているジェンダーレスなアイテムを好む人をターゲットに、メンズサイズでも女性が着られるデザインやカラー展開を追求したアイテムをそろえる。イメージモデルには、モデルやインフルエンサーとして活動する古川優香を起用した。ジュンが運営する「ジュンレッド(JUNRED)」のオンラインページに特設サイトを設け、“オトナユウカが着こなす”と題したプロモーションを展開している。

ファーストシリーズは “FLOWER・ANIMAL”をテーマに、花を刺しゅうしたスエット(6000円)やアニマル柄のフーディー(7000円)などをラインアップする。キャップ(3000円)やiPhoneケース(3000円)などの小物も用意し、「ジュンレッド」の一部店舗とオンラインストアで取り扱う。

また29日にはトウキョウベイららぽーとに、ジュンの婦人服ブランド「ビス(VIS)」と「ジュンレッド」の複合ショップをオープンする。ショップのオープンと「アイコン」のスタートを記念して、30日には古川優香の来店イベントを行う。

どんな動きも自由自在!常識をくつがえすハイブリッドなデニム

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpg

クラシックとストリートを融合したような、激しい動きのダンスを魅せるダンサーたち。身体の可動域の限界に挑むその動きだけでも目を奪われてしまうけれど、よく見ると彼らが履いているのは、なんとデニム! 今までのデニムに対する観念をひっくりかえしてしまうこちらの動画は、DIESEL(ディーゼル)が展開しているプロジェクト#DIESELREBOOTの一環として、アーティステイック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティがJogg Jeans(ジョグ・ジーンズ)の動きやすさ、着心地、スタイルにフォーカスして手掛けた作品。

Jogg Jeansがなぜこんなに伸縮性があるのかというと、それは織りと編みを組み合わせた生地にヒミツが。まるでジャージー素材のように360°のストレッチがあり、表はデニムのように見えて、裏面はスウェットのようなテクスチャーという仕上がり。耐久性や形をキープする力にも優れ、軽さ、柔らかさ、心地よさなどのフィット感もパーフェクト。もちろんサイドステッチやコインポケット、ユーズド感など、デニムになくてはならないデザインもしっかりキープ。今まで、デニムってなんだか窮屈……と感じていた人も、デニム新時代の到来を感じてしまうような自由な履き心地。

また、10月1日~8日の期間中、新宿伊勢丹本館1階=ザ・ステージに#DIESELREBOOT POPUP STOREが世界に先駆けて期間限定でオープン!Jogg Jeansはもちろん、2013AWコレクションの中から厳選されたアイテムにスタッズをほどこした伊勢丹限定アイテムも登場したりと、スペシャルな内容なのでぜひチェックしてみて。