記事一覧

オリスからクラシック顔の「フルブロンズ」モデル登場!

腕時計のアイコニックデザインの一つに数えられるオリスの「ビッグクラウンポインターデイト」。1938年の誕生以来「大ぶりなリューズ=ビッグクラウン」、「ポインターデイト」、「コインエッジベゼル」は、オリスを象徴するデザインとなっている。今回の新作は、なんとそのアイコンモデルが「フルブロンズ」で登場。ケース、ベゼル、リューズ、ブレスレット&クラスプに無垢のブロンズを使用している。

オリスは、スイス時計業界では初のフルブロンズモデル「ヘルシュタイン エディション2020」を2020年に、翌2021年にはフルブロンズのダイバーズ「ダイバーズ65 “コットンキャンディ”」を発表。今回はそれに続く、フルブロンズ第三弾となる。前出の2モデルに比べ、よりクラシックでドレッシーな7連ブレスレットを採用。コマ数が増え、コマの大きさも細かくなり、非常にしなやかで装着感も抜群だ。ステンレススティールなどに比べ柔らかく変形しやすいこの素材を7連ブレスレットにするにあたって、開発チームはかなりの時間を費やしたという。

なんと文字盤も4色展開!!

今回の新作では、ダイヤルカラーがグリーン、ブラウン、ボルドー、ブルーの4色から選ぶことができる。インデックスや長短針にはスーパールミノバが塗布され、暗闇での視認性も抜群。シースルーバックからは、自動巻きキャリバー、オリス754を観賞することができる。


【関連記事】:http://feltart.cocolia.net/img/diary.cgi

コメント一覧