記事一覧

ロレックス ミルガウスの特別仕様

ミルガウスはデザインのみならず、仕様もまた他のロレックスと大きく異なる「変わり種」です。

そのディテールをご紹介いたします。

まず、ケース構造が特別仕様です。

ロレックスは現行モデルの全てのムーブメントにパラクロムヒゲゼンマイを採用することで磁化しづらい製品を製造していますが、ミルガウスはそこにさらに二重・三重の耐磁対策が採られています。そして、その最たるものがケースです。

ミルガウスのケースは「高性能磁気遮断システム」という画期的な機構が搭載されています。

これは通例のオイスターケースの中に磁気シールドを備えたもので、シールドはロレックスが厳選した強磁性合金で作られます。強磁性の素材があることでいったん磁気をその素材が引き受け(帯磁)、外部へと受け流す制御の役割を果たしてくれます。

なお、強磁素材であればなんでもいいわけではありません。普通の鉄などは保磁力が高く、いつまでも磁気が残ってしまいます。そこで保磁力が低く、磁気が抜ければすぐに元の状態に戻ってくれる特殊な合金素材を使うのがロレックスのこだわりです。

ロレックス 【スーパーコピーN級品】 トゥールビヨン ミルガウス 116400-DZ

サイズ:40mm
キャリバー3131にコンポーネント
ムーブメントの振動数:3Hz
オリジナルのミルガウスはステンレススチール製ですが、ラベルノワールはこれにADLCコーティングでカラーをブラックに変更しました。時計のサイズは一切変更されていません。文字盤と針もオリジナルを使用していますが、文字盤については色が変更されロレックスの文字の下に"Label Noir"の文字が記載されています。また6時位置にはトゥールビヨンのための窓も開けられました。

ちなみに、この機構は今や時計に耐磁性能を持たせるための主流です。IWCの軟鉄製インナーケースなども有名ですね。
こういった強化ケースでムーブメントを包み込むことによって、電化製品や電子機器が放つ強力な磁気から繊細なムーブメントを守っているのです。

これを受けてミルガウスの磁気シールドの上には、磁束密度を表す「B」の文字が刻印されています(磁束密度はベクトル量であるため)。また、その上から被せられたオイスターケースバックには、「ROLEX OYSTER MILGAUSS」のロゴがプリントされています。

さらに、通常のオイスターケースと同様に直径は40mmですが、若干の厚みを持つことが特徴です。

【関連記事】:https://nikoshop222.cocolog-nifty.com/blog/

コメント一覧

高級腕時計市場。 URL 2021年11月26日(金)12時18分 編集・削除

高級腕時計離れが叫ばれる昨今ですが、実は市場は成長していることをご存知でしょうか。とりわけ新型コロナウイルスの影響がいっそう色濃い2021年において顕著です。

よく似合う高級時計3選~ URL 2021年11月26日(金)12時51分 編集・削除

ロレックス,オメガ,タグホイヤーに・・・男のカジュアルダウンに効く一本はこれだ!!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー